NIR 光検出器用量子ドット

Applications (ja) NIR 光検出器用量子ドット

近赤外線センシングはフォトカメラ(顔認識用)、自律走行車(障害物検知用)、ARおよびVR(視線追跡用)、暗視および監視、生物医学イメージング、品質管理および製品検査などの機器に広く使用されています。新しいセンサー技術はデジタル変換を可能にし、IoT用のデバイスを統合したりビッグデータを収集したりすることができます。InGaAsおよびGeなどの現在の活性NIR吸収体は製造コストが高く(高温エピタキシャル法)、単一デバイス内でシリコンベースのフォトダイオードと組み合わせることができません。PbS QDsはより高い感度、より広い吸収範囲、およびシリコンベースのセンサーとの適合性を有します。

アプリケーションのカスタムソリューションが必要ですか? お問い合わせ!