LUMAR™ CsPbBr3 QDsは、高耐熱性と耐光劣化性とともに、高い光学特性に対するLCDディスプレイ業界の要求(「LCDバックライト」と「LCDカラーフィルタ」)を満たすために特別に開発されました。また、これらのQDsはUV光検出器または太陽電池などの他の光電子デバイスにも使用可能です。特別なQDsは可変発光520nm、高PLQY(最大100%)、および狭いFWHM(<20-25nm)を有します。これらのQDsは、空気中で100℃までの温度で加工することが可能です。それは、高い光分解抵抗性を有し、10mW/cm2の強度を有する青色光の下(85℃)、ポリマーフィルム中で試験された耐久性を有します。これにより、緑色のCdSeやInPベースの量子ドットよりも優れた選択肢が得られます。LUMAR™ CsPbBr3 QDsは製品開発の最終段階にありますが、サンプルを要望することが可能です。

QUANTUM SOLUTIONSは顧客の要望に応じて、そして工業製品開発のためのパートナーシップに関心を持つ量子ドットの開発および大規模生産メーカーです。研究目的で量子ドットをご注文することも可能です。

いかなる要望、質問、オンラインで製品を購入することについては[email protected] / [email protected] にお問い合わせ下さい。

ダウンロード: 技術データーシート | 安全データーシート| 配布資料

商品を購入する

LUMAR™ CsPbBr3 QDs アプリケーション

LUMAR™ CsPbBr3 QDs の主な特長:

・LCDアプリケーション用の耐熱性ペロブスカイトQDs。カドミウムフリー、低鉛含有量。

・520nmで明るい緑色の発光、狭い半値全幅(FWHM <20-25nm)、高いフォトルミネッセンス量子収量(最大100%のPLQY)

・高い耐光劣化性と耐熱性