量子ドット for X-ray Scintillation and UV Sensing

Applications (ja) 量子ドット for X-ray Scintillation and UV Sensing

電離放射線を可視光に変換できるシンチレータは、検査、故障や亀裂の検出、セキュリティ用X線イメージング、核カメラ、CT(コンピュータ断層撮影)などの分野で非常に重要な役割を果たしています。QDot™ ペロブスカイト量子ドットは、効率的なX線シンチレーション材料として使用できます。従来のシリコンイメージングカメラで読み取り可能なX線下で強い発光(450~685nmの範囲で調整可能)を示します。また、PMT検出器、シリコンフォトダイオード、光電子増倍管との互換性もあります。

シリコンフォトダイオードはイメージングから光センサーまで幅広いアプリケーションで光を取り込むために最も広く使用されている商用デバイスです。シリコンベース層内の高エネルギーUV光子の侵入深さが低いため、これらのセンサーは400nm未満の波長を有するUV光に対して十分に敏感ではありません。ペロブスカイト量子ドットはシリコンベースの光検出器のUV光感度を高めるための色変換層として使用可能です。

アプリケーションのカスタムソリューションが必要ですか? お問い合わせ!